川崎で自宅でする太陽光発電

 今年になってもまだ電力需給が改善されることはありません。
 むしろ数値目標こそ設定されないもののまだまだ節電の必要があります。
 さらに言えば、電力の価格そのものが値上がりするので、無駄に電力を使用することができなくなってきています。
 それでも気候の厳しい時期には、多くの電力を使用せざる得ないものです。
 節電にも限度があるものです。
 そこで自宅の屋根で電力を発電できる太陽光発電を検討したいものです。
 もちろん短期的に見ると、設置コストがはるかに上回ります。
 しかし今後も電力の需給バランスがなかなか改善されない見込みですから、設置するだけの価値があるものです。
 川崎でも多くの家の屋根は、太陽光発電のパネルの設置に向いています。
 自宅でクリーンな電力を作るようにしたいものです。